進撃の巨人 (2015) : Attack on Titan

巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題を呼び、第35回講談社漫画賞少年部門に輝いた諫山創の人気コミックを実写映画化。居住区の周りに巨大な壁を築き、つかの間の平和を手に入れた人々の前に、突如、壁を超える大きさの巨人が出現したことから、人々に訪れる変化を描く。

原作:諫山創、監督:樋口真嗣、出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ

進撃の巨人 (2015)のあらすじ

100年以上前に突如現れた巨人たちによって人類の大半は喰われ、瞬く間に文明は崩壊した。かろうじて生き残った者たちは彼らの侵攻を防ぐために、巨大な壁を三重に築いて、その内側で暮らしていた。平和を謳歌し、巨人の存在など忘れていた人類だったが、再び巨人が現れ、壁を破壊して内部へ侵攻。人類は恐怖にさらされる。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。